2011年12月30日

清涼飲料水と糖分の危険について

こんばんは、今日は寒いですね。


ちょうど灯油が切れてしまいました。厚着して部屋に居たのですが、
寒さに耐え切れず、灯油を買いに行って来ました。何だか、少し高くなっていますね。。。


さてさて、皆さんは、日頃どのように水分を摂取していますか?


サイダーなどの甘い炭酸飲料で、リフレッシュしている方も居られるでしょうね。


しかし、一般的な清涼飲料水には、砂糖が沢山使われています。


いいじゃない!って言われる方も居るのかな?


今日は、砂糖と健康について書きたいと思います。


実は、私、以前の健康診断で、糖尿病の疑い(予備軍)だと言われたのです。(ショック!)


更に、糖尿病は、基本的に完治しないそうなんです。(ガーン!!)


そこで、色々と原因を調べたのですが、私の生活習慣を考えて見たところ分かったことがありました。


それは、



清涼飲料水や、コーヒー飲料、紅茶飲料などの「甘い飲み物」を、摂っていたのです。



それで、更に調べて分かったのが



甘い飲み物を「摂っていた時間」にも原因があることを知りました。



休憩といえば、午後3時 !?



ちょっと小腹が空いたかな? 



お菓子とか、甘い飲み物を飲む人も多いのではないでしょうか?



この時の血糖値は、昼食で一旦上がって、徐々に下がりつつある時です。



そこに、甘い飲料を飲むと、どうなると思いますか?



砂糖は、消化の必要がなく、吸収して直ぐに血糖値を上げてしまいます。



だから、急激に血糖値が上がるのです。



身体は、インスリンというホルモンを出して、血糖値の上昇を抑えようとします。



それでも下がらない糖分は、脂肪へも蓄えられます。



健康のためには、1日血糖値のピーク(高くなる時間)の山を3回作ることです。



つまり、朝昼晩の食事で作るのです。



よくデザートのように甘いものは、食事の後に食べますよね。



これって、理に適ったことなのです。



それじゃ、3つのピーク以外に、沢山あったらどうなるのでしょうか?



1つは、インスリンを作る能力が下がってしまい、糖尿病になる可能性があります。



また、急激な血糖値の変化により、インスリンで対応出来なかった糖分は、脂肪へ変化し、肥満に繋がります。



そこで、提案したいのが、今流行りの「炭酸水」です。



炭酸水とは、糖分が入っていないミネラルウォータに、炭酸が入れたものです。炭酸は、自然に入ったもの、人工的に入れたものがあります。



また、フレーバーが入ったものもあり、バリエーションを楽しむことも出来ます。



ポイントは、砂糖が入っていなくて「無糖」であることです。



初めて飲む人には、甘さが無かったり、味が無かったりで、慣れるまでに時間が掛かるかも知れません。



しかし、炭酸の爽快感、炭酸による満腹感、何よりもいくら飲んでも糖分ゼロなど、炭酸水を飲むメリットは沢山あるのです。



 ↓ ↓ 詳しくは、以下のバナーをクリックして下さい(毎日最安値を更新しています。)

【クリスタルガイザースパークリング】24本1ケースを、楽天市場の最安値で見る(ここをクリックする)


クリスタルガイザーは、4つの味(フレーバー)があります。

レモン、ライム、ベリー、オレンジ

私は、レモン、ライム、オレンジがお薦めです。ベリーは、何か人工的な味なので、私は好んで飲みません。(繁忙期でも、ベリーのみ売れ残り状態)



posted by かつみ@水先案内人 at 00:11| 清涼飲料水と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。